プロフィール


三上弘恵(アリー) Hiroe Mikami


最高の人生を応援する
人生の目的発見コーチ&思い込み解放セラピスト

Be Happy 代表  
感情解放セラピー講師
一般社団法人 スピリチュアルライフコーチ協会認定講師
EFT(感情解放)セラピスト&インストラクター EFTーJapan認定
一般社団法人 タッピングタッチ協会認定インストラクター
特定非営利活動法人 心の救急箱 理事長
日本コーチ協会広島チャプター 代表

生きる意味が見いだせない方や、周囲の人間関係にストレスを感じている方に対して、90日で最高の自分を選べる自分になる12のステップを提供する専門家。今までの人生経験の中から人生のテーマを見つけ、人生にブレーキをかける無意識の思い込みを解放し、生きる目的に気づき、やりたいことを自信をもって行えるようになるコーチングを行っている。

はじめまして、三上弘恵(アリー)です。

私は、人生の後半に差しかかった方々に対して、自分らしく最高の人生を生きるため、 スビリチュアルな視点からのライフコーチをしています。 人生の目的、ミッションを見つけて、幸せで豊かな人生を生きるサポートがライフワークです。自由なこころで、自分らしく輝き、才能を分かち合う生き方をひとりでも多くの人に伝えていきたいと思っています。

※ライフワークとは、自分の中にある幸せの源泉から湧き出る情熱を使って自分らしさを表現し、周りと分かち合う生き方のことです。(作家:本田健氏より)

私は、今までライフワークという考え方はありませんでした。ただ仕事をしてお給料をもらう。仕事はなるべく自分が好きな職種に就くことや、仕事の中に楽しみを見つける程度でした。それなりに生きがいもあり、必要とされているという自己重要感がありました。趣味は仕事以外でするもの。活動範囲は自宅と職場、その周辺が殆どという生活でした。

そんな何の変哲もない私が、ライフコーチという職業にたどり着いたその根源は、
「悔いのない人生を生き切った」「この人生は面白かった」「良く生きた!」と、人生を全うしたいと思ったからです。ここに私のライフワークがあると直感しました。

本気で生きてる?

人は人生の終末期になると、やった後悔より、やらなかった後悔が残るそうです。

「あの時、○○をやっておけば良かった。」

それは、誰かに告白することや、気持ちを伝えるということ。感謝の言葉を伝える。仲直りをすること。

チャンスだとピンときたけれど、怖くてチャンスに乗れなかった。

家族のためと思って仕事をしていたけれど、忙しすぎて家庭を顧みることが出来なかった。もっと家族と共に過ごしたかった。

夫のため、子どものため、親のため、家族のため、自分のやりたいことを打ち明けられず諦めた。

海外へ行くこと、結婚、離婚、独立、起業、留学、環境を変えること、などなど・・・・。

失敗するのが怖くてできなかった。自分を大切にしていなかった。傷つきたくなかった。変化が怖かった。

「後悔先に立たず」です。


人生最悪の出来事からのメッセージ


40才の時、人生で一番辛い出来事があり、

「後悔しない人生を生きる!」

というメッセージが “ズドーン” と脳天から全身に入ってきました。

私は、人生の前半で大きな失恋を2度経験し、うらぎりによる怒りや悲しみと直面しました。10代、20代で受けた恋愛の傷は深く、立ち直るのに、かなりの年月がかかりました。その後、15才年上の夫と結婚しました。結婚生活は笑いに溢れてとても楽しかった。

しかし、数年後から順風満帆とはいかず、波瀾万丈ありました。お金の問題、仕事の問題、習慣の違い、性格の違い、常識の違い・・・などなどです。中々話し合いにならず、すれ違いの生活が続き、離婚を考えたことも何度かありました。

夫婦関係が停滞していた時、夫の持病が悪化し、夫の方から「私の幸せのために別れてもいいよ」と言われました。そこまで私の幸せを考えてくれていたのかと、その時初めて夫の本心に気づき、愛の深さを感じました。今まで、自分が正しいと、相手を責めてばかりいたことに気づきました。

夫に対して感謝の気持ちが溢れ、もう一度二人で再出発をしようと決めました。魂の結びつきを強く感じた出来事でした。ようやく、これから本当のパートナーシップを築けると思った矢先、夫が進行性のガンであることが分かりました。

もうパニックでした。

目の前に起こっていることの対応、夫に告知するかどうかの選択、夫の兄弟や子ども、親族への連絡、他の治療法を探す、 仕事の調整、今後の生活の不安・・・など。様々なことが押し寄せてきました。

そして、発見からわずか2週間で2001年3月に、夫は亡くなりました。亡くなる前に不思議な出来事を経験しました。怒濤の2週間でした。どうやって過ごしていたのか、あまり覚えていません。

夫が亡くなった瞬間に、人の命には限りがあることを実感し、
後悔する人生は送るな! 自分が思ったような生きたい人生を生き切る!
というメッセージが私の中に入ってきました。

夫が亡くなってからは、私にとって暗黒の時代です。鬱のようにもなり、最悪の状態は2年3ケ月続きました。

仕事をしていたので、毎日職場と家の往復。砂をかむ生活とはこういうものかと思いました。職場では能面のような無表情で仕事をしていました。愛想笑いが精一杯。私には子どもがいなかったので、ひとりの家に帰ると真っ暗で、とてつもなく寂しく、毎日泣いていました。現実を受け入れることが出来ず、夢では亡くなってなかったと、ぬか喜びして、目が覚めて落胆する、という繰り返しの日々です。私は笑えなくなり、生活の中から笑い声が完全に消えました。

喪失感、絶望感、孤独感、無価値感、無力感、自責の念など、様々なネガティブな感情が日替わりで、波のように押し寄せてきます。ほっとすることもなく、気持ちは沈んだままの毎日でした。

夫の死後、身内の病、自分の病気、会社の閉鎖、失業、を次々と経験して、さらに感情の落ち込みが酷く、情緒不安定で、自分を責める、他人を責める、怒りが止まらない。

神というものがもしいるのなら、なんで私ばかりに不幸が来るのか! と神を恨んでいました。本当に、どん底まで落ちたと思います。

ここで私はひとつの決断をします。このままではイヤだ! こんな人生で終わりたくない! 悔いなく生きたい!
メッセージを思い出しました!

そして「自分がしたいことはしよう」と、最悪の状態から抜け出すために自己啓発に出会い、物事の考え方や捉え方を学び、自分が経験し味わった感情、心のことに興味を持ち心理学を学びます。さらに心と身体は繋がっていることを知り、ボディーワークを学びます。人生とは何なのか、生きること、死ぬことの意味、自分自身を知ること、自分が生きたい人生とはどんなものかは、いつも頭の中で考えていました。コーチングコミュニケーションセラピーを学んでいくことになりました。

様々なスキル、体験、情報、あり方、考え方、で学びと気づきがあります。感情解放コーチングセラピー等を人に教えていくことになりました。そして、ついにスピリュチアルという視点を持つことで、今までの学びが全て統合されました。

過去の出来事をひも解くと人生の青写真が見えた!


私が出会ったスピリチュアルライフコーチから、「人生の目的」を知るには、過去の出来事をひも解き自分の「人生の青写真」はどうなっているのか見てみました。

手痛い裏切りによる失恋により深く傷ついたことで、相手の気持ちを変えることはできない、本当に変えることが出来るのは自分自身だけ。つまり自分の気持ちは自分で決められるという気づき。夫が亡くなることでの精神的、物質的損失、そのことであらゆるネガティブな感情を感じたこと。失う痛みがあまりにも大きく辛くて、それを感じたくないので、あらゆるもの、人、チャンス、お金など、受け取ることを拒んでいたことに気づきます。物事のマイナスの方ばかり見て自己肯定感が低かったけれど、心理学、セラピーなどから感情を学ぶことができた。

自分の本当に感じていることを表に出し解放することで、楽になることを経験してきた。「自由なこころ、健康な体、目的ある人生」の素晴らしさを伝えたいと「Be Happy」を作り起業したこと。自分自身や身近な人でこころのケアができるように、「NPO法人心の救急箱」を立ち上げたこと。

ここまでの感情的落ち込みの経験が無ければできなかったと思います。

また、人に裏切られ傷ついたけれど、人の温かさ優しさをもらったこと。自分を被害者、犠牲者として扱い、恨んでばかりだったけれど、素晴らしい友人やメンターに出会い、世の中は愛に溢れていることを実感できたこと。応援や愛を自由に受け取り与え合う関係を知ったこと。自分のライフワークに出会えたこと。

今までの出来事の点であったものが、線となり繋がってるのが分かりました。全て青写真どおりだったと気づきました。

私が感情解放セラピーとコーチングに携わって14年。今までも心の解放や問題解決に関わってきましたが、そこにスピリチュアルな魂という視点、人生の捉え方が統合されることにより、魂レベルでの癒しが起こり始めました。

「心を自由にし、恩恵を感謝して受け取り循環させていくこと」が私のテーマだったのです。

「感情的に自由になること」「自分の才能を分かち合うことの素晴らしさ」「感謝して受け取ること」を伝えてくのが私の愛の表現、ライフワークです。

このことをはっきり自覚したのは、スピリチュアルライフコーチによる12ステップのセッションです。

人生の目的を生きると好循環が起こり始める!

クライアントさんが次々とつきました。今まで気づかなかった観念に気づけました。最悪はイメージできますが最高はどこか嘘っぽさと幻想を感じていましたが、素直に最高を喜べるようになりました。たまたま聞いた音声から、その時必要なメッセージを受け取るなど、直感に素直になりました。五感が敏感になりキャッチする精度が上がりました。行きたいと思っていた講座に参加できることになり、道中のハプニングがあっても、それをも楽しむことができました。物事に動じなくなる、家族関係がさらに良くなる、NPOが市長賞をもらう、必要なタイミングで必要な情報や人に出会う出来事が起こり始めました。自動ドアが次々と開くように、「引き寄せ」や「シンクロニシティ」が起こり始めました。

クライアントさんに対しても、今まで、スキルやノウハウだけでなく、あり方も提案していました。でもそれだけでは伝えきれないものがあったのです。しかし、魂という視点を得ると、ご本人の納得感が強く、決めると行動に移すのが早い。スピードがアップします。本気で変わりたいと思っている方にとっては、人生のしくみを学ぶことは強力です。

自分の本当の声を聞き、実践することで、あなたの世界は変わってきています。

私が今まで14年の歳月と1700万円以上かけて、国内外の第一人者や世界ナンバーワン、又はトップクラスの方々からも直接学び、実践してきたライフワークのあり方、考え方、スキル、ノウハウをプラスすることで、最高の人生へと歩み始める力になります

私の今までの経験と学びからの知恵を
最大限にご提供します!

【今まで学んできた主なもの】
コーチング系: スピリチュアルライフコーチ、アンソニーロビンズ、スピードコーチング、マイケルボルダック達成の科学、CTI、Angel Wings、コスモマップ
心理学系: 交流分析、発達心理学、NLP、催眠、メンタルサポーター、ゲートキーパー、PCM
セラピー&ボディーワーク系: 感情解放EFT、ヒプノEFT、キネシオロジー(アメリカ:マシューシー、Dr本間)、タッピングタッチ、ホオポノポノ
その他:本田健氏のプログラム多数、自己啓発プログラム ナポレオンヒル他、大内博氏(奇跡のコース)、ディクシャ、アーユルヴェーダ、TM瞑想、カードリーディング
海外からの講師:ヒューレン博士、ジョングレイ、ジャックキャンフィールド、ジャネットアットウッド、ロジャーハミルトン

アンソニーロビンズ

2006年DWD

2006年DWD、2007年DWD、2008年DWDクルー
2008年UPW、(オーストラリア:ゴールドコースト&シドニー)

本田健氏プログラム